30年の信頼と実績【パソコンスクールISA】個別指導担任制のパソコン教室

パソコン教室・パソコンスクールISAトップ  > ITエンジニアトップ

SAチケット

マイクロソフトのトレーニングが無償で受講できます。

マイクロソフトCPLS(認定ラーニングソリューションパートナー)のISAだからこそできるサービスです。
マイクロソフトのソフトウェアアシュアランス特典をお持ちの企業ではトレーニング受講券でコースを無料でご受講いただけます!

トレーニング受講券とは

マイクロソフト ソフトウェアアシュアランス(SA)特典の一つで、マイクロソフトの公式コースであるMicrosoft University(MSU)を無償でご受講いただけるチケットです。トレーニング受講券1枚のご利用で、対象MSUトレーニングを1日ご受講いただけます。

MSU(Microsoft University)とは

マイクロソフトが提供するオフィシャルトレーニングコースです。MSU はマイクロソフ ト認定ラーニングソリューションパートナー(Microsoft CPLS)でのみ開講できます。 ISAはMicrosoft CPLSとして認定されています。講師はMCT (マイクロソフト認定トレーナ ー) が担当し、Microsoft製品に精通する技術者の育成に最も効果的なトレーニングを提供 しています。

コース一覧

NEW!!Office2010コース
お待たせしました!Officeコースがついにリリースされました。

コース名 SAチケット枚数
Office2010デモセッション(2セッション) 2枚
Office2010 Tips and Tricks(1セッション) 1枚
Collaborating on Documents(1セッション) 1枚
Communicating with Customers(1セッション) 1枚
Communicating in Real Time(1セッション) 1枚
Managing Your Data(1セッション) 1枚
  • Officeコースは最低でも4セッションの受講が必要になります。
  • 1セッションで受講できる人数には7名となります。1セッションは60分程度になります。
  • 1日に4セッション以上であれば、同じセッションを2回繰り返すことも可能です。
  • 1社向けのセッションとなりオープンコースでの開催ではありません。

組み合わせ例

  • Office2010のデモセッションを1日に2回実施し10名が受講する。
  • 3名がCollaborating on Documents、Communicating with Customers、Communicating in Real Time、Managing Your Dataを1日で受講する

このように4セッション以上であれば組み合わせや人数は自由です。

Windows Server 2008

Windows 7

コース名 日数 SAチケット枚数
Windows 7のインストールおよび監視 3日 3枚

仮想化コース

申し込み方法

受講コースの選択

受講者が受講コースを選択

SAトレーニング受講券の有効化

管理者が受講券を有効化

SAトレーニング受講券作成

管理者が受講券を作成し、受講者へメールが送られる

ISAへ受講者が受講コースの申し込み

メールに記載されている受講券IDを連絡

ISAで無料でコースが受講できる

FAQ(よくあるご質問)

コースの違いがわかりません。
お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。
SAチケットはどうやって手に入れることができますか。
日本マイクロソフト社とソフトウェアアシュランス契約を締結しているお客様に配布されます。
開講の日程はいつになりますか。
お客様の集客状況と講師の空き状況に合わせて開講が可能です。お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。
SAチケットが足りないと受講できませんか。
Office2010コース以外は、SAチケット1枚につき43,200円の追加料金で受講可能です。

お申し込みや内容のお問い合わせにつきましては、以下までお問い合わせください。