Vanishing Pointで遊ぶ【Photoshop】 新旧VBA Crownになりました♪
9月 24

こんにちは。

今日はPhotoshopの画像のワープ機能をご紹介します。

画像のワープ機能を利用することで
画像を円形のオブジェクトに巻きつけるような作業を
簡単に行うことができます。

例えばこんな風に・・・

次のような2つの画像があります。

【1】猫の写真
猫の写真

【2】女性とコーヒーカップの写真
女性とコーヒーカップ

この女性が手にもっているコーヒーカップに
猫の写真をうまく合成して・・・

【完成例】
カップ完成

こんな感じに仕上げることができます。

猫の写真を女性が持つコーヒーカップにうまく巻きつけて
その後自然に見えるようにレイヤースタイルを使っています。

では手順です。

1、猫の画像をコピーして、女性とコーヒーカップの画像に貼り付けます。

その後、猫の画像の大きさをカップの大きさくらいまで小さく調整します。

また、今回コーヒーカップが少し斜めに傾いていますので、小さく調整した
猫の写真も同じように少し回転して傾けておきます。

画像のワープ

2、次に、変形した猫の写真を選択してある状態で
【編集】メニュー>【変形】>【ワープ】を選択します。

画像をワープ

3、すると、選択していた猫の写真にます目が表示されます。
画像のワープ

4、表示されたます目の四隅の□や、その四隅の□を動かすことで表示される
方向線等を動かして、カップに沿うように変形していきます。
画像のワープ

5、カップの形に綺麗に沿うように変形することができたら
猫の画像のレイヤーのレイヤースタイルを【オーバーレイ】に変更して
自然になじむようにします。
画像のワープ

6、これで完成です!!
カップ完成

 いかがでしょうか?

 画像のワープ機能は非常に簡単に行うことができますが
アンカーポイントや方向線の調整が少し難しいと思います。

今回はカップがもともと斜めに傾いている状態だったため
少し難易度が高いかもしれません(^-^;)

それにしてもPhotoshopは本当に色々な機能があり
楽しめますね♪

皆さんも面白い機能があれば色々と教えてくださいね♪

 パソコンスクールISA 船橋校 並木

コメントをどうぞ