MENU
MENU

Webワークフロー プロトデザイン編

Fireworksを使用して、プロトデザイン(試作のデザイン)の方法を学習し、Fireworksの機能を用いた、クライアントや上司へプロトデザインを効果的に魅せる方法を学びます。 また、FireworksとDreamweaverの連携を学び、効率的なコーディング技術を身につけます。

受講期間 1ヶ月~1年3ヶ月
授業時間 25時間
授業料 115,000円(外税)

カリキュラム

Fireworksとは?
FireworksがWebページ用のグラフィックの作成やプロトデザインを行うのに適したものであることを学習します。また、プロトデザインを行う理由についても学びます。
Fireworksによるプロトデザイン
Fireworksでピクセル単位での正確なプロトデザインの方法を、PC,タブレット、スマートフォンの3方式で学習します。
Fireworksの各種機能を理解しながら、正確なデザインでWebサイトのプロト版を作る方法を習得します。
クライアント/社内承認の方法
クライアントあるいは社内の承認をえるためのプロトデザインの書きだし方を学びます。リンクが保持された複数のページからなるPDFを書きだし、メールで送信、Acrobatでフィードバックのコメントをもらうなど、実務的なやり取りを想定します。HTMLプレビューで会議室等で直接プロトデザインを見せながら説明する方法を習得します。
画像の書き出しとCSSサポート機能の活用
実際のWebページのオーサリングに入るために、プロトタイプで作成したオブジェクトから、実際に利用できるCSSのプロパティを抽出したり、画像を書きだしできることを学習します。プロトデザインはクライアント/社内承認のためだけに行うだけでなく、実際のコーディングの前準備として不可欠な作業であることも理解できるようなります。

短時間でWebワークフローを学べる講座

総合的にスキルアップするための講座

ISA公式Facebook