ISA ITスクール コース案内

ISA ITスクールの3つの特徴

  1. ベンダー認定公式コース

    ISAでは多くのベンダー公式コースを実施しています。
    またどこのコースも実機で確認ができるので入社した日から実務にいかせます。

  2. マンツーマンと自由予約制

    無理なく、無駄なく自分のペースで通学できます。
    クラス制とは違い、スタート時期も自分で選べます。
    皆が見ているので、質問できないということもありません。

  3. 就職サポート

    就職カウンセリングは無料で適正検査を受けたのち、IT企業の人事の担当者が行います。
    業界の最新の情報をいち早く知ることができます。

IT職種紹介

IT企業の「仕事の流れ」と職種

提案営業フェーズ

職種
ソリューション営業
セールスエンジニア

クライアントのビジネス上の問題点や効率的なビジネス方法をITで解決するためにITサービスやIT製品をクライアントに提案する仕事です。製品そのものの販売ではなく、ITサービスを販売することで、その結果自社のサービスや商品を購入してもらうのが仕事です。

役立つITスキル:Windows Server、Linux、ネットワーク基礎、プログラム基礎

  1. ① 設計・構築フェーズ

    職種
    SE
    DBエンジニア

    SEは営業職がヒアリングしたクライアントの希望を具現化する仕事です。クライアントの要望を正しく理解し、適切なシステムの設計や開発を行います。システムに関する幅広い知識が必要です。
    SEの中でもデータベースに特化したデータベースエンジニアと呼びます。なお、SEの設計した仕様書に従ってプログラムを書いていく仕事がプログラマです。プログラマにはJava、Cなどの言語のほかにPHP、PerlなどのWebでよく使われる言語の知識が必要になるときもあります。

    役立つ資格:OCJ-P、OSS-DB

  2. ② 設計・構築フェーズ

    職種
    SE
    ネットワークエンジニア
    サーバーエンジニア

    SEは営業職がヒアリングしたクライアントの希望を具現化する仕事です。クライアントの要望を正しく理解し、適切なシステムの設計や開発を行います。システムに関する幅広い知識が必要です。
    ネットワークエンジニアは、SEの中でも主にネットワークに特化したエンジニアで、ネットワークの設計、構築を行います。
    その他にも、セキュリティに特化したエンジニアなど多くの種類のエンジニアが活躍しています。

    役立つ資格:MCSA、MCSE、CCNA、CCNP、LPIC1、LPIC2

  3. ③ 運用・保守・監視フェーズ

    職種
    サーバーエンジニア
    ネットワークエンジニア

    運用・保守・監視という仕事は、すでに稼働中のサーバやシステム、ネットワークなどが安定して稼働し、稼働を止めることなく効率的なシステム運用を続けられるようメンテナンスや定期的なチェックを行う仕事です。
    「運用」とはシステムやネットワークの稼動状態を確認したり、ソフトの更新、データのバックアップ、設定の変更などの作業を行います。一方、「保守」は故障対応や、システムのトラブルへの対応、問題が起きた時の復旧作業が中心となっています。
    「監視」はシステムやネットワーク機器に問題が起きていないか確認し、問題がおきたら保守チームに引き継ぐ役割を持っています。
    運用管理・保守・監視には、サーバ、アプリケーション、ネットワーク、データベースなどITシステム全般に関する広い知識が求められます。

    役立つ資格:MCP、CCNA、LPIC1、OCJ-P、OSS-DB