MENU
MENU

Office Premium

MOS4科目とExceVBAベーシックに加えて
WEBデザインのスキル を取得

Excel・Word・PowerPoint・Accessを基礎から学び、合格保証でMOS資格を取得します。
さらにExcel-VBAを学習し、ExcelVBAベーシックとWEBデザインの技術を学習します。
パソコン未経験の方がゼロからスタートし、マルチなスキルを身につけます。

受講期間 3ヶ月~2年
授業時間 296時間
授業料 655,000円(外税)
取得可能資格

MOS Word Excel Access PowerPoint
ExcelVBAベーシック
WEBクリエイター能力認定試験 合格保証制度付

カリキュラム

タッチタイピング

繰り返しの練習でタッチタイピングができるまでを目標にします。

Excel基礎
Excelの基本操作
エクセルの起動と終了や画面構成、既存のファイルの開き方、またデータの入力やデータの訂正、連続データの入力方法など、エクセルの基本となる操作について学習します。
計算式
エクセルの基本的な計算機能である四則演算を使用した計算、オートSUMを使用した合計/平均の出し方について学習します。
ワークシートの書式設定
入力したデータのフォント、配置、表示形式の変更方法や罫線、セルの背景色の設定方法など、ワークシートの書式設定について学習します。
ワークシート編集のテクニック
行列の挿入・削除・サイズ変更、セルのスタイルについて学習します。エクセルの編集、作業効率をアップします。また、ワークシートを見栄えよく作成し、データをわかりやすく相手に伝えることができます。
グラフ
エクセルで作成した表のデータを利用して、必要な情報をもとにグラフを作成する方法を学習します。また、グラフの移動やサイズの変更方法、グラフの書式設定を学習し、見栄えの良いグラフを作成します。
印刷設定
印刷設定時に利用するブックの表示モード、ページ書式の設定、改ページの方法、ヘッダーやフッターの設定方法など、エクセルで作成したデータをバランスよく印刷するための機能ついて学習します。
コピーと移動
表のコピーや移動について学習します。エクセル独自の機能である貼り付ける属性の指定や、リンク貼り付け等高度なコピー貼り付けについても学習します。
ワークシートの作業
シートの追加・削除・移動・コピー・名前の変更、テーマの設定などワークシートに関する作業を学習します。エクセルのワークシートを自在に扱うことで、データの整理と管理が効率的に行えます。
数式や関数
合計・平均・最大値・最小値・カウント関数など基本的なエクセルの関数について学習をし、関数の理解を深めます。数式のコピーや絶対参照・相対参照についても学習します。
演習課題
エクセル講座-基礎の最終チェック課題です。各章で学習してきた機能を総合的に活用する豊富な練習問題を解いて実践力を磨きます。
Excel応用
データベース
エクセルのデータの並べ替えや抽出、さらにデータ管理が簡単に行えるテーブル機能について学習します。
関数の応用
複数の関数の組み合わせ方法、より高度な関数の利用方法、さらにセル範囲に名前をつけることにより、効率良く式を作成する方法について学習します。
入力や集計のためのツール
セルに入力できる値をあらかじめ制限できる入力規則、集計を行う際に便利な自動集計やアウトライン、位置や項目名によるシートやブックの統合について学習します。エクセルでの集計が簡単に行えます。
ピボットテーブル
大量のデータをさまざまな視点から集約し、瞬時に集計表を作成、また集計した結果から更に詳細な分析を行ったり、視覚的に傾向をとらえる際に便利なピボットテーブルについて学習します。エクセルでマーケティングを行う際には必ず必要な機能となります。
マクロ
繰り返し行う操作を記録し、自動化するマクロの作成、また作成したマクロをショートカットキーやボタンに割り当てる方法についても学習します。エクセルVBAを学習するためのスタートとなります。
データの共有とセキュリティ設定
複数のユーザーでエクセルのブックを利用する際に必要なデータの共有、誰がどのように変更を加えたのかを記録する変更履歴の作成などを学習します。また、セキュリティを設定するメリットと設定方法を学習しエクセルのブックを安全に利用します。
演習課題
エクセル講座-応用の最終チェック課題です。各章で学習してきた機能を総合的に活用する豊富な練習問題を解いて実践力を磨きます。エクセルのスキルを自己判定し、不明点を解決します。
Word基礎
ワードの基本操作
ワードの起動と終了や画面構成、既存のファイルの開き方や印刷方法、また新規文書の作成や保存方法など、ワードの基本となる操作について学習します。
文字入力の基本
基本的な文字入力、ひらがな・カタカナ・英数字・記号・漢字変換などについて学習します。
編集作業の基本
編集作業の基本である、範囲選択と文字の訂正、文字列のコピーと移動方法などについて学習します。
文字書式の設定
文書を見やすく編集するための基本的な文字書式の設定、ふりがな・均等割り付けなどの方法を学習します。
段落書式の設定
中央揃えなどの文字の配置やインデント、行間や箇条書きなど、さまざまな段落書式の設定方法について学習します。
ページ書式と段落書式で見栄えの良い文書作成
用紙サイズ・印刷の向き・余白の設定などのページ書式の設定方法、ビジネス文書作成の手順、リスト形式の文章を効率良く作成するタブ設定などについて学習します。
文字と段落のスタイル
クリックひとつでフォントやインデントなどの複数の書式をまとめて設定することができるスタイルについて学習します。
表作成
表の挿入や編集、文字列や表の配置、表のデザインを変更する方法について学習します。
演習課題
各章で学習してきた機能を総合的に活用する豊富な練習問題を解いて実践力を磨きます。
Word応用
利用可能なコンテンツの適用
テンプレートやテーマなど見栄えの良い文章を簡単に作れる機能について学習します。
ページ書式
ページレイアウトを整えるための改ページやセクション区切りの設定、表紙の作成方法や、ヘッダーやフッター、段組の設定などについて学習します。
校閲機能
文書内の入力ミスや文法ミスを修正する校正機能や、変更の履歴を保存しておいたり、コメントを追記するなど、複数で作業をする際に便利な機能を学習します。
文字列の操作
検索や置換、並べ替え機能などについて学習します。
図の操作
オートシェイプ、テキストボックス、スマートアートなどワードでの作図やレイアウトについて学習します。
印刷
さまざまな印刷の形式、案内状の宛名やハガキの宛名ラベルなどで利用する差し込み印刷機能などについて学習します。
アウトライン/箇条書き/番号書式
長文のレイアウト作業を効率的に行えるアウトラインと見出しを設定する機能について学習します。
長文の作成
ブックマーク、ハイパーリンク、脚注、相互参照と引用文献、目次や図表番号、索引など長文を作成する際の機能について学習します。
文書支援新機能とマクロ
定型文などを挿入する際に便利な文書パーツや、特定の作業を完了するために必要な一連の操作を自動化するマクロ機能について学習します。
演習課題
各章で学習してきた機能を総合的に活用する豊富な練習問題を解いて実践力を磨きます。
PowerPoint
PowerPoint環境の管理
ファイルオプションの設定とウィンドウの表示
プレゼンテーションのスライド作成
フォトアルバムの作成・フォトアルバムの編集・スライドの編集・スライドの書式設定・テキストとテキストボックスの書式設定
グラフィックマルチメディア
スライドの背景・図の書式設定
グラフや表の作成
表・グラフ
アニメーションと画面切り替え
アニメーション・スライドの切り替え効果
プレゼンテーションの共同作業
コメントの挿入・編集・削除
プレゼンテーションの配布準備
スライドショーとして保存・パスワードを設定して保存・目的に合わせた印刷方法の設定
プレゼンテーションの配布
スライドショーの実行・リハーサル・目的別スライドショーの作成
Access基礎
アクセスの基本操作
アクセスはデータベースを作成し、利用するための代表的なデータベースソフトです。
この章ではアクセスを使用する上で必要なデータベースの概念とアクセスの基本的な操作方法を学習します。
テーブル
テーブルはデータを管理するために必要不可欠なものです。
ここでは、テーブルの概念、テーブルの作成や編集方法、検索や置換機能について学習します。
フォーム
データを効率よく入力するためのフォームの作成方法、フォーム上でのデータの編集について学習します。
データの絞込み
アクセスにはデータを取り出すためのさまざまな機能がありますが、一時的に条件にあうデータを抽出するには、フィルターが便利です。フィルターを利用したさまざまなデータの絞込み方法と並べ替えの設定について学習します。
プロパティの設定
テーブルやフォームには書式プロパティや定型入力プロパティ、入力規則プロパティなどさまざまなプロパティを設定することができます。必要とされるものを見極めて設定ができるように学習します。
クエリ
クエリを利用するとテーブルに格納されているデータを抽出、検索することができます。目的にあわせて効率よくデータの加工をするためにはクエリを使いこなすことが必要不可欠です。さまざまな抽出条件の指定方法を学習します。
フォームの編集
適切なフォームを構築することで、データの表示や編集などの操作、抽出するデータや出力する帳票の条件設定、データの入力が便利になります。フォームに配置した各コントロールの編集方法などを学習します。
演習課題
アクセス講座-基礎の最終チェック課題です。
各章で学習してきた機能を総合的に活用する豊富な練習問題を解いて実践力を磨きます。
Access応用
フォームの編集
使いやすいフォームを作成するには、コントロールの種類別の役割をきちんと理解して、コントロールを配置する必要があります。コントロールの種類と変更方法について学習します。
レポートの作成
レポートはデータベースの情報を目的にあわせて抽出、集計して印刷するための機能です。レポートの構造、レイアウトの変更方法、宛名ラベルなどのビジネスで必要な印刷方法をなどを学習します。
データの活用
エクセルなどのデータやテキストファイルなどを取り込むインポート、また、アクセスで管理しているレコードを、エクセルファイルやテキストファイルに出力する方法を学習します。
リレーションシップ
リレーショナルデータベースソフトであるアクセスでもっとも重要なリレーションシップについて学びます。リレーションの種類、テーブル間のリレーション、さらにリレーションのさまざまな結合方式について学習します。
クエリの応用
集計クエリや、テーブル作成クエリ・追加クエリ・削除クエリ・更新クエリの4種類のアクションクエリの作成方法やクロス集計クエリ、重複クエリ、不一致クエリなどのさまざまなクエリを学習し、クエリの活用へと幅を広げられるようにしていきます。
クエリの活用
共通のフィールドに対して、どのようにデータを表示するかを設定する際に結合プロパティの種類を変更します。ここでは、結合プロパティの種類と変更方法について学習します。
演習課題
アクセス講座-応用の最終チェック課題です。各章で学習してきた機能を総合的に活用する豊富な練習問題を解いて実践力を磨きます。アクセスのスキルを自己判定し、不明点を解決します。
MOS Word対策

試験範囲の復習→過去問題や模擬問題の反復練習→インストラクタのチェックを繰り返し合格レベルを目指します。

MOS Excel対策

試験範囲の復習→過去問題や模擬問題の反復練習→インストラクタのチェックを繰り返し合格レベルを目指します。

MOS PowerPoint対策

試験範囲の復習→過去問題や模擬問題の反復練習→インストラクタのチェックを繰り返し合格レベルを目指します。

MOS Access対策

試験範囲の復習→過去問題や模擬問題の反復練習→インストラクタのチェックを繰り返し合格レベルを目指します。

ExcelVBA基礎
VBAとマクロ
VBAの特徴を理解し、マクロ記録、実行方法、マクロを含めたファイルの注意点について学習します。
VBEの基本操作
VBAを記述するVBEの基本操作、VBAの記述場所について学習します。
基本文法
VBAを記述する上での決まりごと、基本構文、利用すると便利な機能について学習します。
セル操作の基本
セルを取得するオブジェクトの記述方法や、セルに値を代入する、数式を代入する、表示形式を変更する方法について学習します。
条件分岐(1)
条件によって処理をわけるIfステートメントについて学習します。
変数と定数
プログラムの考えかたで重要な変数を利用する流れ、変数の規則、変数のデータ型、定数について学習します。
繰り返し処理(1)
特定の処理を繰り返すFor...Nextステートメントについて学習します。
条件分岐(2)
複数の条件で分岐するSelect Caseステートメントについて学習します。
繰り返し処理(2)

特定の処理を繰り返すFor Eachステートメント、Do...Whileステートメント、Do..Untilステートメントについて学習します。

関数を利用した判定
VBAの文字列関数・日付関数について学習します。
配列
配列の概念、基本的な使用方法について学習をします。
ワークシートの基本
ワークシートを取得するWorksheetsコレクションの考え方やシート名の変更方法について学習します。あわせて、プログラムの高速性や汎用性
ワークシートの操作
新規シートの挿入、シートの削除、シートのコピー、シートの表示非表示をする構文を学習します。
実践演習

複数のシートを比較した結果を表示するプログラムを作成する

請求書を作成する

ExcelVBA応用
ブック操作の基本
ブックを取得する様々なオブジェクトについて学習します。
ブックの操作
ブックを開く、名前をつけて保存する、上書き保存する、閉じるといった作業の構文を学習します。
関数
ワークシート関数の利用、VBA関数(文字列関数/日付時刻関数/値をチェックする関数)の利用について学習します。
プロシージャ
Subプロシージャ、Funtionプロシージャ、イベントプロシージャの使い分けと、使い方について学習します。
ユーザーフォーム
ユーザーフォームを利用することで、ユーザーから情報を受け取り、受け取った情報を元に処理をすることができます。ユーザーフォームの作成と連携について学習します。
エラー制御
プログラムのミスを見つけて修正する作業であるデバッグを効率的に行うための様々なツールとその利用方法、エラー処理に関するステートメントについて学習します。
実践演習
ユーザーフォームをもちいた成績管理表の作成/複数ブックをまとめるプログラムの作成
ExcelVBAベーシック対策

試験合格のための試験対策問題・模擬試験を行います。

Illustrator
Illustratorの基本操作
Illustratorの特徴と、Illustratorの画面構成・ツールの使い方などの基本操作を学習します。
名刺を作ろう
基本的な図形の描画方法、図形の整列と配置、文字入力や編集、グラデーションの設定について学習し、オリジナルの名刺を作成ます。
グリーティングカードを作ろう
パスに関する知識を学習し、自由に曲線を描いたり、複雑な図形を描画します。
DTPチラシを作ろう
チラシ作成に必要な基本的な設定、制作の流れを学習します。 ショップロゴを作ったり、写真を配置し、チラシを完成させます。
Photoshop
Photoshopの基本操作
Photoshopの特徴と、Photoshopの画面構成・ツールの使い方などの基本操作を学習します。
レイヤー
Photoshopで作業する上で非常に重要なレイヤーの仕組み、作成、編集、削除について学習します。
色調補正
写真の空の色を鮮やかな青にする、食べ物の写真を新鮮なイメージするなど、写真に対する様々な補正方法を学習します。
画像の加工
画像から不必要なものを取り除くれタッチや、画像の切り抜き、フィルター設定など様々な画像の加工方法について学習します。
イラスト描画とテキスト入力
グラデーションの設定方法や、文字入力・編集の方法について学習します。
制作課題1
複数の写真を合成してコラージュを作成します。
制作課題2
Webページに掲載するキャンペーンバナーの作成をします。
HTML
Web制作の基本
ホームページを制作する際の基本的な考え方や何を注意して制作すべきなのかを学びます。
HTMLマークアップの決まり
HTMLを記述する上で、守らなくてはいけないルールと常に心がけておくべき項目について学びます。
HTML基本構造
タグの記述方法を学びWebページを作成しながらHTMLの基本構造を学びます。
HMLへの画像の挿入とリンクの設定
実際にWebページを制作する際に必要な画像の挿入や関連付けを学び、本格的なWebページの制作を行う為のタグを学習します。
その他のHTML
HTMLにはテーブルやフォームなど、Webページをレイアウトするための機能があります。
修了課題
指示書に従って、コーディングを行い、TOPページとお問い合わせフォームを作成します。
CSS
CSSについて
スタイルシートの考え方と、使用する利点を踏まえた上で、制作フローについて学びます。
CSS基礎知識
CSSでレイアウトを行う際には正しいHTML文書を記述することが重要です。HTML文書の記述の決まりと、正当な文書かをチェックする方法について学びます。
スタイルシートの基本
スタイルシートの記述方法および、色やサイズなどの書式設定方法について学びます。
埋め込み型CSSの定義
styleタグを利用したCSS記述のルールについて学び、演習問題を通して、このレッスンまでの復習を行います。
演習問題
指示書に従って、ファイルの作成、コンテンツの作成とマークアップ、スタイルシートの作成を行います。
外部ファイルとスタイルシートの応用
スタイル別のファイルに分けて作成する利点とその方法、ページのデザイン方法について学びます。
ボックスレイアウト
ボックスレイアウトの考え方および、作成の手順を学びます。
修了課題
指示書に従って、ファイルの作成、ボックスレイアウトの設定、コンテンツの挿入、文書構造のマークアップとグループ化、リンクの設定、スタイルシートの作成を行い、ペットショップのTOPページを作成します。
Dreamweaver
概要と基本操作
DreamweaverでWebサイトを構築する前に、Dreamweaverの機能と画面操作について学習します。
簡単なページの作成
簡単なページを作成しながら、Dreamweaverを使ったWebページの作成手順を学習します。
CSSの設定
CSSとはページのデザインやレイアウトなどを制御するルールです。DreamweaverでのCSSの設定方法を学習します。
テーブルの作成
表組みのことを「テーブル」といいます。テーブルの挿入・編集・Excelの表の貼り付けなどを学習します。
Dreamweaverでの制作の流れ
Dreamweaverを利用して制作を行う流れを学習します。サイトの定義、HTMLマークアップ、Divタグを挿入、レイアウトをし、Webページを完成させます。
テンプレート
テンプレートとは「ひな型」のことです。ページを作成するときの元になる定型的なファイルです。テンプレートを作成しておくと、同じようなページが容易に作成できます。
フォーム
アンケートフォームのように、テキスト入力フィールドやチェックボックス、ボタンなどの入力用の要素が集まりがフォームです。フォームを作成すると、Webページの閲覧者から情報を得ることができます。
Javascript
Javascriptとは、HTMLに組み込むことでWebページに動的な要素を付加する言語です。リンク先のページをサブウィンドウとして開いたり、マウスをポイントすると画像が入れ替わるなど、動きのあるページを作成する事ができます。
リンクの設定
Webページのテキストや画像から、別のWebサイトや別のファイルにジャンプする機能をリンクと呼びます。このレッスンではリンクの設定方法について学習します。
便利な機能
Dreamweaverには、Webサイトを作成する為の様々な便利な機能があります。これらを活用するとサイト制作が効率的に行えます。
修了課題
Dreamweaverを使ってサイトの定義、コンテンツの挿入、リンクの設定、外部スタイルシートの作成とリンク、テンプレートの作成を行いCafeのサイトを作ります。
Webクリエイター能力認定試験対策講座

試験範囲の復習→過去問題や模擬問題の反復練習→インストラクタのチェックを繰り返し合格レベルを目指します。

Office総合コース一覧へ

スキルアップのためのOfficeコース

資格取得のためのOfficeコース

ISA公式Facebook